抜け毛の悩み解消

私は抜毛について悩んでいました。

もともと髪質は細めでコシが無く、ボリュームが出にくいのが難点でしたが、加齢のためか30代になったころから抜毛が増え始めました。

抜毛は主に、センターに分けている髪の分け目の辺りらしく、以前よりも分け目が目立つようになりました。

そこで、抜毛を減らすべくインターネットや雑誌でいろいろ情報を集めたところ
問題は私の生活習慣にあるようでした。
お風呂に入るタイミングを改めてみる
私はお風呂は朝入り夜は入らないのですが、これが抜毛の一因だったようです。

夜髪を洗って眠ったほうが、朝髪を洗うよりも抜毛が少なくて済むと聞きました。
それは眠っている間に頭から皮脂が分泌され、その影響で朝髪を洗う人のほうが抜毛が多いそうです。

今までは髪の寝癖も一緒に直せるからと朝髪を洗うことにしていましたが、このことを聞いてからは夜髪を洗うようになりました。
抜毛が少なくなってきた
夜髪を洗うようにしてからはだんだん抜毛が減ってきたように感じました。

また髪を洗う前にはきちんとブラッシングをしたり、低刺激のシャンプーを使ってみたりもしました。
今は抜毛もすっかり減り、髪が以前よりも健康になったと感じています。

脱毛のキャンペーンは、魅力がイッパイです

若い子の薄毛

私の娘の話で恐縮なのですが、私の娘は習い事でいつも同じ髪型をしないといけなくそのせいで生え際が危なくなってきているんです。

先生たちも同じ髪型なのですが、かなりおでこが広くなってきており、生え際が上へ上へと後退されているようにみうけられます。

私の娘はまだ十代なのですが、少し悩みはじめております。
習い事はやめないかぎりこの髪型ですし、本人もやめたくないようです。
このように悩んでおりますので、普段は前髪をつくっていつも下ろして広いおでこをカバーしております。

大人なら育毛剤をためしてみるのですが、まだ子供ですし
しかも女の子。育毛剤というとなんだか「おじさま」のイメージなので
なかなかすすめるのもちょっとかわいそうな気がしますね。

ですが最近は、少し女性向けの人気商品もでているようで、パッケージもピンクなど女性向けで
これなら娘におすすめしても、もしかしたら使ってもらえるかな・・と思っております。

ポリピュアexは使いやすい感じです

母の薄毛

私の母は、70代なのですが
若いころは髪の毛が爆発しているようにみえるくらい多くて、ブロッコリーのようでした。

母親の抜け毛

多いのが悩みで、いつもボリュームを抑えるためにネットをつけて眠っていたくらいです。
それなのに、50後半くらいからだんだん薄くなってきました。

結婚して実家をでておりますので、そんなにしょっちゅうは会えないのですが、家族の行事やイベントの時にあったりしますと、会うたびに頭頂部が薄く、地肌が透けて見えるようになってきました。
それはとても顕著で驚きを隠せません・・。

私も髪質は母に似ているので、とても怖くなってきました。
髪の毛って遺伝の要素が大きいですよね・・。

白髪が多い人は禿げないとよくきくんですが、それは嘘のようですね。

私の母は白髪が多いですが、薄くなってきています。
染色を繰り返していたので、それも原因なのでしょうか?私も白髪が多く染色を同じく繰り返しておりますので、ちょっと生え際(おでこ)が、きかけていて恐怖を感じます・・。

脱毛ラボは、安いイメージです

女の薄毛はつらい

妊娠中にすごい量が抜けるようになりました。
出産後も、妊娠中ほどではないものの、抜け毛は続きました。

そして40代後半になり、胃腸の調子が悪くなり、栄養があまりとれなくなったら、頭皮まで栄養が行き届かなくなったのか、加速度的に抜け始め、女性なのにオヤジの後頭部のように地肌が見えてテカり始めました。

正直、ショックでした!

男の人なら、ハゲ始めたら、きっとじたばたするだろうけど、「潔くハゲる」という選択肢がありますよね。女性にはそんなのあり得ません。自分の後頭部がハゲるなんて絶対に許せません。

育毛剤はこれまで3種類試しましたが、どれも効果がありませんでした。

もう外出もしたくない気分です。分け目がジグザグになる櫛を買って来て使ってみましたが、分け目をジグザグにしてもどうしようもなく薄いのです。

道を歩けば、女性の分け目に目が行きます。「あの人はいっぱい毛があっていいな」「あの人よりはましかも」そんなことばかり考えています。テレビを見ても、女性の分け目に目が行きます。

皮膚科の先生に聞いたら、「ミノキシジル以外は効果ないよ」と言われました。

ミノキシジルは副作用がこわい。
使いたくない・・・。

ずっとそう思っていたのに、もう背に腹はかえられないところまで追い詰められました。
今、ミノキシジルを使っています。毛がフサフサになって、副作用が出ないことを祈りながら...。